*コロナワクチン情報*

大垣市では今週から再来週にかけて、12歳以上の方すべてに順次クーポン券が発送される見込みとなっています。

現在のワクチン供給状況としては、高齢者の2回目接種を7月中に終えるための供給がほぼ予定通りに行われている状態です。基礎疾患を持つ方や一般の方へのワクチン接種についても高齢者と並行して行われているのが実情ですが、国としての64歳以下の接種計画はまだ示されておらず、64歳以下のためのワクチン供給もまだ行われていないこととなります。

国からの接種計画及びワクチン供給計画が示されるのを待っている状況のため、大垣市のワクチン接種対策室より新規受付を停止するように通達が出され、当院でも新規予約受付を行っておりません。今しばらくお待ちいただきたいと思います。

 

*コロナワクチン情報*

今日午後大垣市ワクチン接種対策室より、11日以降の新規接種を中止するよう通達がありました。国からのワクチン供給遅延に伴う処置とのことですが、この通達を受け100名を超える方に予約キャンセルのご連絡をさせていただきました。明日もひたすら電話の1日となりそうです(滅入ります・・・)。

河野大臣の談話より、8月・9月のファイザークチン供給量は7月と同程度で、週に600万回分となる見込みだそうです。6月の接種回数の約半分程度のペースとなりますが、粛々と接種を続けることでウイルスの蔓延を徐々に追い詰めていくしかなさそうです。職域接種に使用されるモデルナワクチンが実は供給不足だったことから生じた混乱も含め、まだまだ波乱含みのワクチン接種ですが、創意工夫でこの難局を乗り越えたいものです。大垣市民の皆さんにはぜひ冷静な対応をお願いしたいと思います。

予約再開の目処が立ちましたらネット予約受付を再開しますので、本ホームページの「コロナワクチン 情報」に注視しつつ、今しばらくお待ちください。

 

*コロナワクチン情報*

11日からの新規接種中止要請を受け、今日も予約済みの方へ予約取り消し連絡をさせていただきました。「やっぱり」という方、「ええっ」とショックを受ける方など様々な反応でしたが、皆さん一様にしょうがないといった様子で冷静に受け止めていただきました。

本日厚労省より8月から9月にかけての12~64才を対象としたファイザーワクチン基本分配計画が出されました。それによりますと、大垣市の12~64才10万人への分配量は週5000回分ほどとなるようです。大垣市での接種ピーク時には週1万回の接種がクリニックで行われていましたので、約半分くらいの接種ペースとなる計算になります。大規模接種への分配も合わせての分配ですので、実際に各クリニックで行える接種数がどの程度となるのか今後のワクチン接種対策室からの連絡を待ちたいと思いますが、対象年齢の方すべてにクーポンが行き渡った状態での接種予約開始となりますので、予約時の大混乱がとても心配されるところです。

 

*コロナワクチン情報*

本日大垣市コロナワクチン接種対策室より、8月上旬に国から配布予定だったファイザーワクチンが前倒しで配布されることが決定したため、明日15日からの受付再開と25日からの接種再開について通達がありました。これまでの接種実績から各クリニックへのワクチン分配数も同時に通知され、当院では週12バイアル(72人分)となりました。昨日河野大臣が供給数のグラフから示したように今後は少し接種ペースを抑えた形で継続することとなりますので、当院では午前・午後6人ずつ、1回目・2回目合わせて週72人のペースを維持して継続していくことといたしました。

16歳以上のほとんどの方に今月中にクーポン券が郵送される見込みですが、年齢の上の方から順序予約を取れるよう予約開始通知のはがきが別途届くようです。明日からの予約は55歳以上の方が対象となりますので、54歳以下の方は今しばらくお待ちください。